カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
タグリスト
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
プロフィール

r.kazuki

Author:r.kazuki
FC2ブログへようこそ!

ご連絡は rkazuki@gmail.comまで
(@を半角にして下さい)
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  Comments:(-)  |  Trackback:(-)
どうなる?! 梅田の百貨店事情
関西地区以外にお住まいの方にとってはあまり関係のないお話かもしれませんが(^^;;、阪急百貨店と阪神百貨店の業務提携合意のニュースがありましたね。

阪急と阪神、百貨店部門の連携強化 月内に株式持ち合い (2006/9/23 フジサンケイビジネスアイ)
 阪急百貨店は22日、阪神電気鉄道の子会社の阪神百貨店(大阪市北区)と包括的な業務提携を行うことで合意し、基本契約を結んだと発表した。10月1日の阪急ホールディングス(HD)と阪神電鉄の経営統合を控え、百貨店部門の連携を進めるための提携で、手始めに相互に2万株の株式持ち合いを9月中に実施する。

ま、予想されたこととはいえ、それぞれの百貨店の個性ごとに、あるいは利用する電車によって上手に使い分けていたであろう多くの関西在住消費者にとっては、今後の両店の行方が気になるところではないかと思います。
もちろん、タイガースショップを阪急百貨店にも、とか、そんなことはどうでもよくってですね、たとえば阪神百貨店はなんといったって食品!いか焼き!だし、阪急といえば婦人ファッション! という感じなはず。くれぐれも「足して2で割る」ような業務提携にはならないようにお願いしたいもの。
だって、新しい大阪駅ビルには三越出店が予定されているし、大丸梅田店も増床計画があります。なので、もういっそのこと、阪神は食品館、阪急はファッション館にしてしまうくらいの思い切り方をしないといけないのではないか・・・と思います。

それにしても、梅田周辺はまだまだ変化しそうですね。1つの街づくりの実験として、注目したいものです。
スポンサーサイト

Place  |  Comments:(0)  |  Trackback:(1)
管理者にだけ表示を許可する

阪神電気鉄道阪神電気鉄道株式会社(はんしんでんきてつどう、英語|英称 Hanshin Electric Railway Co.,Ltd.)とは、大阪市|大阪と神戸市|神戸を結ぶ鉄道と、その沿線の都市を中心に路線バスを運営している大手私鉄。阪急阪神ホールディングスの完全子会社であり、阪急阪神
2007-03-05(Mon) 20:43:41 | 鉄道まにあ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Amazon

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。