カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
タグリスト
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
プロフィール

r.kazuki

Author:r.kazuki
FC2ブログへようこそ!

ご連絡は rkazuki@gmail.comまで
(@を半角にして下さい)
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  Comments:(-)  |  Trackback:(-)
場所の「名前」に思い入れはありますか?
このニュースにいろいろと思うところある方も多いのではないでしょうか。

サントリーが命名権 渋谷公会堂「レモン」冠し一新(2006/9/21 フジサンケイビジネスアイ)
 サントリーは20日、電通を介して東京・渋谷区から、現在改築中の「渋谷公会堂」の命名権(ネーミングライツ)を取得したと発表した。ロックの殿堂“渋公”が10月1日から、サントリーの清涼飲料水「C・C・Lemon(レモン)」の名を冠した「渋谷C・C・Lemonホール」として運営される。契約金額は年間8000万円で期間は5年間。


新しい名称のイメージがどう、ということよりも、そもそも思い入れのある場所の名前が変ってしまう、というのは、なかなか簡単に受け入れがたいような気がします。
西武ライオンズ球場が西武ドームになり、ついにインボイスSEIBUドームになったときは、私も懐かしい青春の日々が取り戻せないことを痛感しました(^^;;
特にこの命名権というやつは、野球チームや企業が買収等によって名前がかわるように「まるごと運営の主体そのものが変わる」ために起きるのでなく、なんだか「切り売り」感が漂ってむなしい感じですよね。

命名権を買う側からすると、確かに、マス広告しにくい・できない商品(たとえば医療用医薬品)や知名度が低くTVCMしても聞き流されてしまうような企業名や商品については、認知率アップのための手段として有効なのでしょうね。

でも、C・C・レモンって・・・もう既に一定の認知はあるような気がするんですが・・・サントリーの商品ラインナップのなかで、なぜ選ばれた理由が気になります。むしろ「セサミンホール」とか「黒烏龍ホール」とかにしたほうが画期的だったような(笑)。

そしてなんと、「命名権.com」では、今、売りに出されている命名権の情報を見ることが出来ます。
皆さんの思い入れのある場所の「名前」は、切り売りされそうになっていませんか?
そして、名前をつけてみたい場所はありますか?
スポンサーサイト

Promotion  |  Comments:(0)  |  Trackback:(0)
管理者にだけ表示を許可する

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Amazon

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。