カレンダー
11 | 2006/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
タグリスト
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
プロフィール

r.kazuki

Author:r.kazuki
FC2ブログへようこそ!

ご連絡は rkazuki@gmail.comまで
(@を半角にして下さい)
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  Comments:(-)  |  Trackback:(-)
ヒット商品はなぜ「番付」?
日経MJに続き、SMBCの2006年ヒット商品番付も発表されましたね。東の横綱がニンテンドーDSライト、西の横綱は該当なし。大関は、東が球状で、西はmixi。そういえば今年、私もmixiを始めたっけ(ぜんぜん活用できておりませんが)。ニンテンドーDSライトについては、周囲でチラホラと見かけるものの、私自身は全く物欲は刺激されないんですよね(ゲームの世界にはとんと疎くって)。
そのほか番付のなかで私とご縁があったのは、「TSUBAKI」と「駅ナカ」くらい・・・。
でも、日経MJ版と見比べてみると、このSMBC版のほうがなんとなく「商品」そのもののランキングという感じがしてわかりやすいですね。日経MJ版のほうは、もっとトレンドそのものを取り上げよう、という意図があるような、そんな気がします。

それにしても、どうして「番付」にしたがるんでしょうね(^^;; 別に単純に「ベスト10」でもよいものを。
やはり「横綱」だの「大関」だのという言葉のもつイメージ、「君臨している」という「らしさ」をあらわしたいのでしょうか。ちょっと不思議。

皆さんにとって、「ああ、今年はこの商品が私にとっての"横綱"だな」という、独自の番付はありますか?
スポンサーサイト
Memo  |  Comments:(0)  |  Trackback:(0)
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Amazon

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。