カレンダー
09 | 2006/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
タグリスト
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
プロフィール

r.kazuki

Author:r.kazuki
FC2ブログへようこそ!

ご連絡は rkazuki@gmail.comまで
(@を半角にして下さい)
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  Comments:(-)  |  Trackback:(-)
優勝セール、楽しみですか?
えー、プロ野球日本シリーズが終わりました。
となると、コンシューマーとして期待するのは優勝セール(笑)。

私、子供のころは西武沿線に住んでおりまして、各種刷り込み効果の帰結として西武ライオンズファンなんです。
以前、「常勝集団」だった頃(懐かしい~・・・涙)は、毎秋、西武百貨店や西友での優勝セールと、店内で流れる応援歌にドキドキワクワクしたものでした。
ま、「しょせん、セール品」でもあったりするんですが・・・あの雰囲気、好きだったなあ。

最近は球団の顔ぶれも変わり、必ずしも優勝セール、という図式は成り立ちませんし、オーナー企業以外が応援・協賛セールを行うことも多くなってきましたが、皆さんは、「あの球団が優勝してくれたら、楽しみかも♪」なんて思いはありますか?(ケータイ電話が安くなるんじゃないか、とか、インターネットのショッピングモール全体がすごいことになるんじゃないか、とか)。
はたまた、マーケターとして、応援セールの対象にしてみたい球団はありますか?
スポンサーサイト
Promotion  |  Comments:(0)  |  Trackback:(0)
オフィスで小腹が空いたなら?
こんな記事がありました。
おやつ調査:ビジネスマンの9割が仕事中にお菓子--江崎グリコ実施
ビジネスマンの約9割が仕事中にお菓子を食べていることが江崎グリコが行った「おやつ調査」で分かった。“お菓子ボックス”を常備する職場も増え、利用者の約7割が男性だという。菓子メーカーもビジネスマンをターゲットにしたお菓子を続々と発売している。デスクの引き出しからチョコレートやクッキーを取り出して食べるのは子どもでも女性でもなく、ネクタイ姿の男性--そんな時代の風景が見えてきた。

皆さんの職場はいかがですか?
私の周囲は・・・男女問わず、皆、お菓子大好き、です(^^) おやつ代を出し合ったり、「おやつ当番」を決めているところがあったり、出張のときは必ずといっていいほどお土産を買ってきたり。
いわゆる「内勤」ですから、まあ、なんというか、口寂しくなったり小腹が空いたりすると、デスクでちょちょっと、ということになるわけですよね。
「頭を使うと血糖値が下がって甘いものが欲しくなる」なんて言い訳しながらおやつを食べる人も(私か?!)。

引用した記事中で紹介されているオフィスグリコ。最初に知ったときは、「や、やられた・・・」と思いましたね。実によいアイデア! 全国的に展開しようと思うと人件費や配送のインフラ整備にかなりの投資も必要なのでしょうけれど・・・。
一方、1人のおやつラバーとしては、いろんなメーカーのいろんな新製品を試したい、なんてニーズもあります。置き薬のように、いろんなメーカーのお菓子が揃っていたら最高だなあ。

皆さんは、オフィスでおやつ、食べていますか?
お気に入りのおやつは何ですか?

Memo  |  Comments:(0)  |  Trackback:(0)
食材宅配、いかがですか?
すっかり間があいてしまいましたが気を取り直して。

さて、私が最近気になっているのが、食材の宅配、です。
なるべく土日にまとめるようにしてはいるものの、平日、何も買い足さないわけにはいかないし、かといって仕事帰りの買い物では、慌しいなかでゆっくり吟味もできないし、牛乳のような重たいものはイヤになるし。

ということで生協にしようかなあ、それとも食材宅配専門業者にしようかな・・・と、情報収集中。
ネットで注文できるのは当たり前、留守中でも置き場所を決めて保冷箱で置いておいてくれたり、安全性もきちんと考えられているようだし、多少の送料は目をつぶってもいいくらい、最近は至れり尽くせりなんですなあ。
売る側としても、数日前までに注文が入るので仕入計画などもたてやすいのかな、などと思ったり。

皆さんは、食材宅配サービス、利用していますか?
どんなメリット・デメリットがありますか?
Product  |  Comments:(0)  |  Trackback:(0)
子供が行きたいのか、大人が「連れて」行きたいのか?
大型商業施設、アーバンドックららぽーと豊洲がオープンしましたね。
なかでも、こどもの職業体験テーマパーク、キッザニアが話題。試しに入場予約サイトを見てみると、なんと!!
来年1月の中旬までいっぱい!! 入場は2部制、しかも入替えなんですね。ぜひどんなところか体験してみたいのですが、こりゃ、とうぶんできそうもありません。

それにしても、自分がもし子供だったら、行きたいかなあ・・・。なんとなく「お勉強」のニオイを感じて、いやかもしれません。
つまり、大人が体験したい、もしくは大人の視点で子供に体験させたい、類の場所なのかも。
どれくらい、子ども自身の意思によるリピート率があるか、注目したいですね。

皆さんは、この職業体験テーマパーク、行ってみたいですか?
自分が子供だとしたら、どうですか?
Memo  |  Comments:(0)  |  Trackback:(0)
実りの秋・・・「品種」にこだわりありますか?
突然ですが、10月です! 秋です!!

秋といえばそう、食欲、実りの秋、です。というわけで最近、我が家では「梨」にハマっております。しばらく前まで、梨といえばただの水っぽい甘さがあるだけの果物だと思っていて、わざわざ買って食べようとまでは思わない、私にとってそんな存在だった、「梨」。
でも、最近たまたま「豊水」を食べてびっくり。甘いだけじゃなく、ラフランスのような馥郁とした香りがしたり、ほどよ~い酸味もあったりして、実においしいではありませんか。
で、毎日1個、子供と分け分けして食後のデザートに食べているのですが、ふとした疑問が。

最近、「長十郎」はどこにいったの?!

スーパーの店頭でも「豊水」「幸水」それに「二十世紀」ばかりで、ぜんぜん見かけない。
気になって調べてみると、「長十郎」はもうほとんど栽培されていないとのこと(Minichi Interactiveに関連記事がありました)。
どんどん新しい果物や野菜の品種が出てきているけれど、その陰で、消えゆく品種もあるんですよね。
「ブランド化」が進んだり、消費者の嗜好や流通事情が変化するのに加えて、農産物の場合は品種改良や育種のしやすさとか、工業製品とは違う事情がありそう。野菜や果物のマーケティング事情のようなものを考えてしまう今日この頃。

それから、「品種」の名前までポピュラーになってる果物って、実は少ないですよね。
梨のほかは、ぶどう(巨峰、ピオーネ、デラウェア、マスカット・・・)、りんご(ふじ、ジョナゴールド、紅玉・・・)くらい?! みかんもバナナもすいかも桃も、産地の名前で区別したり、農園のブランドがついていたりはするけれど、「品種」というと心もとないような。

皆さんは、「この果物・野菜はこの品種に限る!」というこだわりはありますか?
「そういれば昔食べてたアレ、最近見ないなあ・・・」というなつかし品種はありますか?
Product  |  Comments:(0)  |  Trackback:(0)
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Amazon

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。