カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
タグリスト
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
プロフィール

r.kazuki

Author:r.kazuki
FC2ブログへようこそ!

ご連絡は rkazuki@gmail.comまで
(@を半角にして下さい)
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  Comments:(-)  |  Trackback:(-)
子育て応援コンビニ、行ってみたいですか?
ハッピーローソン」がオープン、ということで、テレビのニュースに取り上げられていました。また、私の住む関西地方でも新聞全面広告が載ったりして、「本気度」が伝わってきます。

コンセプトショップの紹介を見てみると、遊び場があって、育児用品やおもちゃ、お菓子の売り場があって、ママがリラックスするためのアロマ用品も置いていて、なかなかよく考えられているような気はします。でも、母親の立場から言わせていただくと、よほど近所や、頻繁に利用する最寄り駅にでも立地していない限り、そんなに頻度高く利用しないような気がします。
■理由その1。コンビニと言うからには、やはり定価販売が基本なのだと思うのですが、これはいかがなものか(苦笑)。紙おむつにしろミルクにしろ、ベビー用品は「消耗品」です。安いときに買いだめ!! というのが賢い消費者の購入態度のはず。
■理由その2。品揃えの問題。理由その1と一見矛盾するのですが、子供のための買い物と言うのは「安けりゃ何でも良い」のではないのです。「うちの子はアイクレオのミルクしか飲まなくって」とか、必ずお気に入りのキャラクターがついていないとダメだとか、母親と子供の「こだわり」というのは嗜好的にも、また体質的にもいろいろと強い。でも、コンビニというからには、やはり「売れ筋」しか棚に置かない・置けないはず。こういう「売れ筋商売」は、ベビー・子供関係ではちょいと難しいのではないかと。
■理由その3。子連れの外出というのは結構疲れるし、思わぬところで時間をとられるもの。決めた電車に乗りたいのに出掛けにグズられて約束の時間に遅れそうになるとか、おもちゃ売り場でダダをこねられて全ての予定が後ろ倒し・・・などなど、日常茶飯事です。つまり、「ちょっと時間をつぶしに」だとか「寄り道してこっかな」だなんて余裕は、なかなか発生しないのではないかと思うのです。これが普通のコンビニユーザーであれば、雑誌の立ち読みのついでにお菓子、とか、お弁当のついでにこんなおもしろい新製品、なんて「ついで買い」も発生するのでしょうが、子連れママたちにそんなゆとりがあるのか、あったとしてもかなり少数派なのではないか・・・と、思うわけです。

と、ついつい苦言を呈してしまいましたが、あまりファミリーフレンドリーでないお店や公共施設もまだまだ多い中で、子育てを応援してくれるという宣言は心強く、母親として実に嬉しい限りではあります。
あとは、どこまで店舗として「商売」になるか。注目したいと思います。

皆さんは、「子育て応援コンビニ」、行ってみたいですか?
どんなお店だったら、頻繁に利用しますか?
スポンサーサイト
Place  |  Comments:(0)  |  Trackback:(0)
どうなる?! 梅田の百貨店事情
関西地区以外にお住まいの方にとってはあまり関係のないお話かもしれませんが(^^;;、阪急百貨店と阪神百貨店の業務提携合意のニュースがありましたね。

阪急と阪神、百貨店部門の連携強化 月内に株式持ち合い (2006/9/23 フジサンケイビジネスアイ)
 阪急百貨店は22日、阪神電気鉄道の子会社の阪神百貨店(大阪市北区)と包括的な業務提携を行うことで合意し、基本契約を結んだと発表した。10月1日の阪急ホールディングス(HD)と阪神電鉄の経営統合を控え、百貨店部門の連携を進めるための提携で、手始めに相互に2万株の株式持ち合いを9月中に実施する。

ま、予想されたこととはいえ、それぞれの百貨店の個性ごとに、あるいは利用する電車によって上手に使い分けていたであろう多くの関西在住消費者にとっては、今後の両店の行方が気になるところではないかと思います。
もちろん、タイガースショップを阪急百貨店にも、とか、そんなことはどうでもよくってですね、たとえば阪神百貨店はなんといったって食品!いか焼き!だし、阪急といえば婦人ファッション! という感じなはず。くれぐれも「足して2で割る」ような業務提携にはならないようにお願いしたいもの。
だって、新しい大阪駅ビルには三越出店が予定されているし、大丸梅田店も増床計画があります。なので、もういっそのこと、阪神は食品館、阪急はファッション館にしてしまうくらいの思い切り方をしないといけないのではないか・・・と思います。

それにしても、梅田周辺はまだまだ変化しそうですね。1つの街づくりの実験として、注目したいものです。
Place  |  Comments:(0)  |  Trackback:(1)
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Amazon

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。