カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
タグリスト
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
プロフィール

r.kazuki

Author:r.kazuki
FC2ブログへようこそ!

ご連絡は rkazuki@gmail.comまで
(@を半角にして下さい)
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  Comments:(-)  |  Trackback:(-)
電子マネー、使ってますか?
パスモを起爆剤として、EdyにiDにnanacoに・・・と、まさにこの世は電子マネー狂騒曲の様相。
皆さんは、もう使っていますか?

関西では、正直なところイマイチ盛り上がっていない電子マネーブームですが、マーケター見習い中の筆者としては、当然、各種電子マネーを試しております。今使っているのは、まずおさいふケータイとして、
・Suica
Edy
nanaco
それから、カードで持っているのが、PiTaPaとICOCA。
いま、使用頻度が高いのは、Edy。近所にあるスーパー、フレンドマート(平和堂系列)がEdy対応になったのです。平和堂は、Edy・iD共用端末を配備。なんだかすごい気合。でも、お店のポイントカードは別に呈示しないといけないから、結局、そんなにスピーディにはなっていないのが悲しいところ。でも、Edyのチャージにクレジットカードを使うと、そちらのポイントも貯まるわけで、どんどんポイントをゲットできるという点では嬉しい限り。

東京に行ったときには、やはりSuicaが重宝しました。特に、小さな子供を連れての移動の場合、いちいち切符売り場に並んだり、その切符をポケットなどに入れてまた出したり・・・という手間が省けるのは実にありがたいこと。それだけでも、外出に対する心理的ハードルがかなり低くなります。

nanacoは・・・ほどんど出番がありませんが(^^;;、雑誌を買ってもポイントがつく、というのはやはりちょいと嬉しいかな。

やはり、利便性以外に、ポイントという「お得感」があると、電子マネーを使ってみようというモチベーションにすんなりつながるのでしょうね。

それにしても、比較すると、やはりカード型よりおさいふケータイのほうが断然便利。早く、PiTaPaやICOCAもおさいふケータイ対応にならないかなあ・・・と思うものの、PiTaPaはポストペイ形式というのがネックになりそうです。

そうそう、ポストペイ方式といえば、関西で電子マネーがいまひとつ盛り上がらない理由であるという記事がありました。

いよいよPASMO登場、Suicaファミリーが早晩全国を席巻する(2007/03/22 nikkeiBPnet on Yahoo!ニュース)
数年後、首都圏には3000万枚の交通電子マネーが乱舞すると予測する向きもある。関西の規模は首都圏の10分の1にすぎずブームが起こるには絶対数が足りない。

 なぜ、関西で発行枚数が伸びないかというと、PiTaPaが後払い方式だからだ。後払い方式は交通乗車券としては非常に優れた仕組みなのだが、利用者の返済能力を見るためにクレジットカードと同じような審査をする。全体の5%程度の人は審査で必ずはねられると言われる。一般のクレジットカードでは15%がはねられる。それに比べればずいぶん広い門なのだが、それでも審査嫌いの人が多いために、開始から3年たつのに60万人という低レベルに留まっているのだ。
もちろん、方式が違うが故にICOCAとの相互利用に齟齬もあるそう。この記事によれば、Suica型の電子マネーが早晩全国を席巻すると予測しています。消費者としては、とにかく何でもいいから、1つにまとめてくれ、というのが正直なところ。でも、マーケターとしては、電子マネーの百花繚乱状態から、どんなサービスが抜きん出るのか、見極めてやるぞ、とも思います。

ともあれ、皆さんは、電子マネーやおさいふケータイ、使っていますか?
便利さを体感していますか?


スポンサーサイト
Product  |  Comments:(0)  |  Trackback:(0)
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Amazon

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。